tetuhisa

アクセスカウンタ

zoom RSS HobbyJapan別冊「HOW TO BUILD DIORAMAS」

<<   作成日時 : 2006/06/18 14:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

画像


ホビージャパン別冊
「HOW TO BUILD DIORAMAS ディオラマの作り方」
シェパード・ペイン(著)

海外では改訂を重ねて今だに刷られているプラモデル作りの技法書
「古典」と言っていいんじゃないかな

ヤフオクでは2000円〜4500円で取引されている
5月に静岡で行われたホビーショウの会場で「ホビージャパン」のブースの方にこの本の再販をお願いしてみたけど、軽くあしらわれてしまった
かわりに現在のモデラーによる作例集を勧められたけど、違うんだなァ
僕が欲しいのは基本的な技法書なのだから

兄の書棚からこっそり持ち出して読んだ頃から十数年ぶりに読んでみると、あらためて内容の濃さに驚く
内容はプラモデルの作り方、なんだけどイラストや絵画の技法書に通じるものがある
著者の模型作りは帆船模型とか工芸品的な物づくりの感覚に近いようにも感じた

今でこそ普通に感じるテクニックの数々だけど、当時の日本では模型雑誌でも「ディオラマって何?」といった時代だ
今の模型雑誌で紹介されるテクニックのほとんどはすでにこの本に記されている
そして掲載されてる作品の説得力も現在のものに劣らない

ホビーショウと同時に開催されていたモデラーズクラブの展示会で見た出品者の方々の多くは少年時代にこの本を読んだ世代のようだ
モデラーズクラブの展示会は世界最大規模の模型展示会だそう
その根底というか原点に「HOW TO BUILD DIORAMAS」があった・・・と思うと凄い本なんだと思う

僕自身はプラモデルはもう作る事が無くなった
スケールモデルとなると更に縁が薄い、模型雑誌を読むのは楽しいけど自分もとは思わないな
見てて楽しい、そういう「模型趣味」もいいかな、と思う


「HOW TO BUILD DIORAMA?」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
戦車兵 - その1 -
カミングアウト記事です.「フィギュア」という言葉に,映画/TVのキャラクター人形 ...続きを見る
BD5B RS life
2007/05/16 00:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
うぉ〜!自分も探したくなりました!!
How to ・・・どこだろ?

たまには作りましょうよ?自分もズダ3個買っちゃったし・・・NAO310さんの機体はキャデラック大尉?それともデュバル少佐?気になります(笑)

ZERO to One
2006/06/18 20:00
古本屋さんのお兄さんに頼んだら手に入るでしょうか・・・
難しいかなァ

こちらのスダは放出してしまいます
ほかにもHG等は全てさよならです
NAO310
2006/06/19 02:33
えぇ〜!そうなんですか?残念です〜
協力できる物があればお引取りしますよ。
詳細はメールにて・・・

でも、そちらの方が相場良いでしょうか?
ズダ、4号機になりますから。
仕事が立て込んできたから?ですか?

自分も今の数を考えると、いつか手放す事も
有るでしょうね?老後の楽しみにしては数多すぎ(笑)ヤフオクは手間が掛かりますが、ショップよりは希望価格になります。でも梱包や配送と手間が掛かりますがね。ズダ、やはりゴーストファイターですね・・・

ZERO to One
2006/06/19 06:38
今頃恐縮ですが..とても懐かしいです.
私にとってもバイブルでした.透明ビニールでブックカバーを作ったことを思い出しました.フィギュア塗装は,この本で勉強しました.
模型製作を続けるには,情熱と環境が必要だなと思います..
sunday driver
2006/06/29 23:56
sunday driverさん、改めて読むとこの本は本当に内容が濃いですね
僕も模型はもうお終いにしょうと思ってます
NAO310
2006/06/30 00:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
HobbyJapan別冊「HOW TO BUILD DIORAMAS」 tetuhisa/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる